飯能まつりの日。飯能市街のヤマノススメ聖地巡礼

11月最初の週末に毎年開催されている「飯能まつり」を見てきました。


11月5日日曜日のこと。桜山展望台トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園美杉台をランニングで廻って、最後に着いたのが飯能駅前。そうしたら、普段とは違う街の様子に驚く。ぜんぜん知らなかったのですが、飯能祭りの日だったのですね。

飯能まつりとは

飯能まつりは11月の最初の週末2日間にわたり開催されるお祭り。会場は飯能駅の北の駅前通り、飯能ぎんざ商店街、中央通りなど。1971年にスタートし今回で47回目だそうです。

「山車巡行」がメインで、そのほか「居囃子」、「まといはしご乗り」、「みこし練り歩き」、「獅子舞」、「よさこい」、「“底抜け”屋台」といった催しが行われる。

『底抜け屋台』は飯能まつり独特なもののようですが、祭り一日目の土曜日のみの巡行で、今回は見れませんでした。

飯能まつりでにぎわうヤマノススメ登場場所

個人的にはやっぱり、ヤマノススメで登場した場所が気になるので、廻ってみました。

パン屋「英国屋」

飯能ぎんざ商店街のなかほどに位置する、手作りパンの店「英国屋」さん。ヤマノススメ最新の百十四合目「今年のうちにたくさん登ろう」の扉絵で店構えと買い食いするあおいちゃんが描かれてました。

いかにも地方の商店街のパン屋さんって感じのお店。お祭りなので店頭では焼きそば販売中。店内に入ってパンを買ってみましたが、きちんとおいしいパンでした。

夢彩菓すずき

この前訪問したあおいちゃんのバイト先という設定の「夢彩菓すずき」さん。お祭りの日には特別メニューの棒シュークリームが販売されるそうです。

八百梅

飯能ぎんざ商店街の先にある、看板が印象的な「八百梅」さん。なんのお店なのかはよくわからないですが。。

 

飯能まつりでにぎわう飯能市街

飯能まつりは、「山車」と「居囃子」がすごい。「山車」は全部で11台。明治、大正時代以前に作られた山車も複数あり風格あり。見ることができてよかったなーと心から思ったのでした。

居囃子

山車巡行