2017/11/30

御岳山ハイキング後に超おススメ「つるつる温泉」

御岳山ハイキングの続き。つるつる温泉でゴールし入浴。いい温泉でした。

生涯青春の湯「つるつる温泉」とは

生涯青春の湯「つるつる温泉」は東京都日の出町にある日帰り温泉施設。

営業時間は10時から20時、毎月第三火曜日がお休み。臨時休館もあり。

日の出山の登山ルート近くにあるので、登山後にここでゆっくり疲れを取るのがよさそうです。

特に、御岳山にケーブルカーで登り、日の出山経由でここに下山するルートは、登山初心者でも体力的にはまったく問題なく楽しめるコースで、おススメです。

 

「つるつる温泉」アクセス

JR五日市線の武蔵五日市駅⇔つるつる温泉の路線バスが1時間に1本程度(土日夕方は1時間に2本)ほど運行されているので、山の中にありながら意外にアクセスもいい。

ちなみに、機関車型のユニークな車両で路線バスが運行されているはずだったのですが、現在は修理中のため、ふつうの車両での運行となっております。

 

「つるつる温泉」料金

入館料は中学生以上の大人が3時間で820円(3時間を超える場合、1時間超過ごとに+210円)。タオル等は付かないのでちょっと高いかも。

でも、御岳山ケーブルの駅においてある「Mitake Map」を持参して提示すると200円割り引きになる(小さい文字で書いてあるので気付かない可能性が高い)。

 

平日はお得なセット料金有り

金曜日に訪問したのですが、金曜は「湯々楽々フライデー」というお得なセット料金が用意されてました。

入館料と、1000円弱ぐらいの食事メニュー(8種類の中から選べる)が1480円。

食事もしたい場合で、用意された選択肢の中に食べたいものがあればという条件つきですが、だいたい300円ほどお得。

その他、平日はいろいろお得なサービスが用意されているようです。

「つるつる温泉」の温泉

つるつる温泉は、和風、洋風の浴室があり、偶数、奇数日で男女交代。

私がいったときは男湯が洋風の「生涯青春の湯」のほう。浴室の真ん中に大きい楕円形の湯船が一つあり、その周りに洗い場があるシンプルな造りの浴室でした。ひのき風呂の露天風呂もありました。

地下1500mから汲み上げているるアルカリ成分が高い温泉で、「お肌がつるつる」になるそうですが、私は実感できず。

でも、泉質はよさそうで、入り心地はとても良かったです。

 

「つるつる温泉」の食堂

つるつる温泉の食堂は、108畳の畳敷きの「大広間」と、椅子席の「パノラマ食堂」の2種類。

パノラマ食堂は円形の部屋で、周りの木々からさしこむ木漏れ日をたのしめる感じ。

温泉上がりなのでビールを注文。大手メーカーのビールもありましたが、地元のビールを、ということで東京都福生市の石川酒造が作る「多摩の恵 明治復刻地ビール」を飲む。値段は570円。

売店でもこのビールを売ってたのですが、なぜか売店のほうが高い値段でした。

平日の昼下がり、温泉上がりにのんびりビールを飲むのは最高でした。

 

私が注文した食事は、とろろ定食。

とろろご飯と、揚げたてのかき揚げ等。お味のほうは申し分ない。

 

今回紅葉の時期でしたが平日なのでのんびりできました。土日はやっぱり混むみたいですが、おススメできる温泉施設だと思いました。