【陸王】TBS公認・行田の「陸王たび煎餅」を食べてみました。

先日、TBSドラマ「陸王」のエキストラのために行った行田で買ってきた「陸王たび煎餅」を食べてみました。

陸王たび煎餅とは


陸王たび煎餅は、TBSドラマ「陸王」と、その「陸王」の舞台である埼玉県行田市にあるお煎餅屋さん「戸塚煎餅店」のコラボ商品。

「戸塚煎餅店」は昭和4年創業で、マラソンシーンのロケが行われた新町商店街の中にお店があります。

小説「陸王」や、「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」が日本遺産に登録されたりと、行田と足袋が注目されはじめたことをきっかけに、開発された商品が、足袋の形をした「たび煎餅」。

で、その「たび煎餅」を陸王コラボパッケージにしたものが「陸王たび煎餅」。8袋(16枚)入りが1080円。17袋(34枚)入りが2160円。

 

陸王たび煎餅を買える場所

陸王たび煎餅は、戸塚煎餅店、行田市の観光案内所「ぶらっと♪ぎょうだ」で買えるほか、赤坂や東京駅にあるTBSストアでも買えるようです。

私はせっかくだから戸塚煎餅店で直接買おうと思ってたのだけど、行ったときは煎餅屋さんがロケのスタッフ&出演者の控え所になってて買うことができず、「ぶらっと♪ぎょうだ」でたび煎餅を買ったのでした。

 

陸王たび煎餅の種類

陸王たび煎餅は「しょうゆ」「青のり」「黒ゴマ」「ザラメ」「こしょう」「唐辛子」の6種類。1080円のセットには「しょうゆ」「青のり」が2袋づつ入ってて、合計8袋(16枚)でした。

「しょうゆ」「ザラメ」「こしょう」「唐辛子」には「陸王」のマーク。「青のり」には「こはぜ屋」のマーク、「黒ゴマ」には「ダイワ食品」のマークが描かれております。悪役扱いのアトランティスが「唐辛子」味というのがなんかほほえましい。

 

陸王たび煎餅のお味

「足袋」のカタチの煎餅なので、左右2枚で1セット。サイズは長さ7.5cm、幅3.5cm位。たぶん「ハッピーターン」より一回り大きいぐらい。

固焼き煎餅にしては小ぶりなサイズ。厚さも薄めです。炭火で手作業で焼いているそうで、左右で焼き色も違う。

食べてみた感想としては、まず食感がいい。薄めなので心地よくパリポリと歯で噛める。それから、炭火で焼いているので、香ばしい。

「陸王」のマークが入って無かったとしても、手土産に持っていったら喜ばれそう。そんなおいしいお煎餅でした。

 

関連ランキング:和菓子 | 行田市駅