2017/11/30

名前負けしている地味な山「丹沢山」へ。塔ノ岳から丹沢主脈を行く

塔ノ岳から続きまして、丹沢主脈を歩いて「丹沢山」にいきました。

丹沢山とは

丹沢山」は、名前がややこしい。「丹沢山」という場合、丹沢山塊全体を指す場合と、丹沢山塊の真ん中にある標高1,567mの山を指す場合の2通りあるからです。

なぜそんなことになったかというと、wikipediaによると

明治時代の測量時に当山に一等三角点が設置され、その仮称として丹沢山と名付けられたのがそのまま現在へと至り、一峰の山名となっている。

のが原因のようです。

深田久弥の著書「日本百名山」で、「丹沢山」を日本百名山のひとつに選んでいますが、

私が百名山の一つに丹沢山を取り上げたのは、個々の峰ではなく、全体としての立派さからである。

と、記述されており、日本百名山での丹沢山=丹沢山塊を指していると解釈するのが正しいと思われます。

今回塔ノ岳から縦走していったのは、標高1567mの一峰の丹沢山です。この丹沢山は相模原市緑区、清川村、山北町の境界に位置しています。

丹沢主脈

塔ノ岳から丹沢山への尾根は丹沢主脈といわれています。

丹沢主脈は、さらに不動の峰、蛭ヶ岳、姫次、黍殻山、焼山へと続く。ちょうど丹沢山地の真ん中を南北にS字形に縦断している感じ。

丹沢山へのルート

標高1567mの丹沢山は、丹沢山地の真ん中にあります。

登山ルートとしては、塔ノ岳経由コース、丹沢主脈を蛭ヶ岳方面から縦走してくるコース、宮ヶ瀬湖から丹沢三峰を経由するコースなどがあります。

どこの登山口から登っても片道5時間コース。なので山小屋泊するケースが多いようです。

「ヤマノススメ」での丹沢山

ゆるふわアウトドアコミック「ヤマノススメ」では、14巻の百二~百六合目(102-106話目)で登場。あおい、ひなた、ここな、ほのかの4人が大倉からバカ尾根を登り、塔ノ岳を通過し、丹沢山で山小屋泊。翌日来た道を下山していました。

 

塔ノ岳から丹沢山まで行ってみました

今回私が歩いたコース。塔ノ岳から丹沢山まで丹沢主脈を行く。ヤマノススメでも通ったコースです。距離にして2.6km、標準登山タイムは1時間40分です。

塔ノ岳から出発

塔ノ岳から正午過ぎにスタート。看板もあるので道に迷う心配もなし。登山道もきちんと整備されていて危険なところはまったくない。

金冷シ~塔ノ岳はとても混雑していたのに、こちらに来たら、人がぐーんと減りました。

標高も幾分高くなってきているので、葉っぱが赤く染まった木もところどころに。でも10月の2週目じゃ丹沢の紅葉はまだまだのようです。

尾根道ですから、下りもあれば、上り坂もある。狭くなっているところもありますが、特に問題はない。

ちょうど中間あたりに来ました。看板にジャケットがかけられてましたが、持ち主の方大丈夫でしょうか。

このあたりは、笹が茂ってる。

まん前にこれから向う丹沢山があるはずなのに、霧のせいで見えず。

左手を見ると、はるか下のほうに玄倉川支流の渓谷が見える。下のほうは霧がないので日が当たって明るい。

「バカ尾根」とは違うのでしょうが、階段が続く場所も多い。

木道が湿原のようでおもしろい。ここはヤマノススメでも描かれていた場所です。

 

丹沢山山頂到着

12時45分、”日本百名山”「丹澤山」1567.1mに到着。霧のため、360度まったく見渡せず。ここは晴れていたとしても、展望はイマイチのようです。

山頂の山小屋「みやま山荘」。「ヤマノススメ」で4人が泊まっていた山小屋がここ。2004年に建て替えた建物なので、比較的あたらしい山小屋。その分”味”は無いけど、泊まりやすそうでした。300円でミネラルウォーターを補給。コーラなどは500円でした。外のトイレは100円寄付制。

霧がかかってて景色がよくなかったのは残念です。その点考慮しても、地味な山頂でした。