ヤマノススメ「あおいちゃん」のバイト先で焼菓子を買ってみました【日高・飯能⑤】

飯能市の商店街の「飯能ぎんざ」の西のはずれにある、あのケーキ屋さんに立ち寄ってみました。

飯能商店街のお菓子屋さん「夢彩菓すずき


夢彩菓すずき」さんというお店。ヤマノススメでは「華彩菓すすき」として登場。「あおいちゃん」がこのお店でバイトすることになります。

店がまえも、店の前の街灯もコミックで描かれてたまんま。

以前は店の前に「あおいちゃん」やバイト先輩の「ひかりちゃん」の実物大パネルが飾ってあったこともあるみたいですが、今回は無かった。店内にヤマノススメのコーナーもあったみたいですが、そちらもだいぶ縮小されてしまった模様。

夢彩菓すずき」で焼き菓子を買う

ケーキ屋さんなので生ケーキももちろん売られてますが、お土産のつもりで焼き菓子を買ってみました。

焼き菓子は10種類くらい並べられていたと思います。どれもバラで購入可能で1個200円以下。

夢馬(むーま)クッキー

飯能のキャラクター、夢馬(むーま)のクッキー。

ヤマノススメでも登場、ここなちゃんが大好きな「夢馬(むーま)」ですが、こんなかたちだったっけ?

(飯能市公式twitterより)これがゆるキャラの夢馬。ぜんぜん似てないじゃーん!。

と、おもって「夢馬」について調べてみたところ意外な事実が…

ところで、飯能のゆるキャラ「夢馬」くんの秘密

  1. 林業が盛んな飯能では「きうま(木馬)」という伐採した木材を運び出すのにための「ソリ」が使われていた。
  2. 2004年に飯能をアピールするために木馬を参考に「巨大揺り木馬」が作成された。その名前が「夢馬」。これは世界一巨大な「揺り木馬」としてギネス認定もされたそうです。
  3. その巨大揺り木馬をモチーフにできた地元のイメージキャラクターが初代「夢馬」←これはあまり可愛くない。
  4. 2016年にその初代「夢馬」をブラッシュアップして丸っこく可愛くしたのが2代目「夢馬」で、上のイラストは2代目「夢馬」

ということで、夢彩菓すずきさんの夢馬クッキーはたぶん「巨大揺り木馬」がモチーフになっているのでありました。ヤマノススメで出てきた「夢馬」くんは、キャラクター初代の可愛くないほう。

ところで夢馬クッキーのお味はというと、さくさく食感で、バターや卵の風味もよくおいしかったです。

 

極上バーム

夢彩菓すずきさんでの焼き菓子の中で一押しと思われるのがこの「極上バーム」。しっとりリッチ。

エンガディーナ

クルミぎっしりスイスのお菓子「エンガディナー」。私はナッツ好きなので、これが一番好き。

 

というわけで、ヤマノススメの舞台「夢彩菓すずき」さんのお菓子はきちんとおいしかったので、飯能土産に最適というお話でした。

 

関連ランキング:和菓子 | 飯能駅東飯能駅