2017/10/23

飯能の川遊びポイント★吾妻峡(あずまきょう)【日高・飯能⑥】

飯能市街地から飯能河原を経由で西へ進み、吾妻峡(あずまきょう)へ。

吾妻峡(あずまきょう)とは

吾妻峡(あずまきょう)は飯能河原から西へ2km弱、入間川を上流に進んだところにある渓谷です。

ドレミファ橋(日高市の巾着田にもドレミファ橋がありましたね…あれとはまったく違う)丸石の飛び石橋を中心に、その前後数百メートルが渓谷となっています。

河原には岩が転がり、両岸とも木々に囲まれ、散策や川遊びに最適な場所。

群馬県の東吾妻町(このまえ行った岩櫃山と長野原草津口の中間あたり)にも同じ名前の吾妻峡がありますが、もちろん無関係。

吾妻峡へのアクセス

飯能市街地から徒歩だと2km少々あり30分以上かかりそうです。

バスは名栗車庫行、西武飯能日高行などに乗り、永田大杉バス停で降りるのが一番近そう。間野黒指行に乗り、大河原バス停下車して数百メートル歩く方法などもある(googleマップで検索するのが簡単)。

車で行く場合は、吾妻峡入口と、もうちょっと下流の中平河原あたりに有料駐車場がある。

 

ヤマノススメでの吾妻峡

飯能が舞台の「ヤマノススメ」でも、吾妻峡が出てきました。

TVアニメ版の「ヤマノススメ セカンドシーズン」の新7合目(7話目)の「カワノススメ?」で登場。

コミック版の7巻の五十一合目(51話目)の「はじめてのトレイルラン」でも龍崖山に行く途中で吾妻峡を通っています。

「ヤマノススメ セカンドシーズン」の新7合目(7話目)で書かれていた看板。飯能河原から入間川の左岸(南側)を走る市道を歩いていって、八耳堂というお寺のところを、お寺と反対側に曲がった所にあります。

この看板のところから木々に囲まれた川に降りていきます。

 

吾妻峡のドレミファ橋


これがヤマノススメでも書かれていたドレミファ橋。増水時にはもちろん渡れない。飛び石橋というのは童心に帰れる気がして好きです。

吾妻峡の360度ヴュー。

 


ドレミファ橋の側にあった看板。

ドレミファ橋から数百メートル下流の中平河原までずっと遊歩道が続いており、川沿いを散策できることが判明。

飯能河原方面から吾妻峡へ歩いてくるときは、中平河原から川沿いの遊歩道へ入り、ドレミファ橋まで歩いてくるほうがよさそうです。

ドレミファ橋を渡ると、ずーと多峯主山まで歩いていけます。つまり天覧山までも縦走できるのです。天覧山→多峯主山→吾妻峡→龍崖山なんてルートはけっこうおススメできると思います。

 

河原でBBQの人たちがいました。飯能河原よりも、穴場スポットという感じがしてよさげです。

川の水は透明できれいでした。