2017/08/09

ふじやまビールを買ってきました@道の駅富士吉田で醸造

道の駅富士吉田ふじやまビールを買ってきましたので、飲んでみました。

ふじやまビールとは

ふじやまビールは、道の駅富士吉田の敷地内で醸造されている地ビールです。

道の駅の施設内なんて、車の運転手にとっては酷な場所でビールを提供されてます(ふじっ湖号という富士急山梨バスの周遊バスが一日8便ほど通っているのでそれを利用すれば飲めますね)

レストラン「ハーベステラス富士吉田」も併設。隣にモンベルのショップもあります。

もともと第3セクターか何かで始まったふじやまビールですが現在はモンベルの子会社が運営しているみたいです。

ちなみに富士桜高原麦酒が直線距離で数キロ程度離れたところにありますが、無関係。

ふじやまビールでビールを買って帰る

車で行ったので、お店では飲まずお土産としてビールを買って帰ることにしました。

店内入ったところに、醸造所有り。ガラス張りの部屋の中に、ぴっかぴかで立派な醸造設備がありました。

ふじやまビールの特徴その1 容器

ふじやまビールは、通常サイズ(たとえば350ml,500ml,633ml)の缶、ビンが用意されていません。

1リットルの缶か、2リットルサイフォン瓶の2種類の容器のみ。

1リットル缶が1350円(500mlあたり675円)。

2リットルサイフォン瓶が3020円でした(500mlあたり755円)。

ただし!2リットルサイフォン瓶は空き瓶を持って行って、詰め替えという形にしてもらうと2リットルで1720円となります(空き瓶を買い取ってもらえるわけではなく、あくまで詰め替えの場合がこの価格)。500mlあたり430円だからクラフトビールとしては格安です。頻繁に行けるご近所さんにとってはなかなかよさそう。でも大きい冷蔵庫を持ってないと冷やすのが大変そうです。

なぜここのビールは大容量なのか?詳細な理由はわからないのですが、製造設備の問題、あと、ラッパ飲み防止。必ずグラスに注いで飲むように、という意味があるのではないか?と私は推測しております。

ふじやまビールの特徴その2 ドイツ式ビールが3種類のみ

ふじやまビールはドイツからブラウマイスターを呼んで醸造方法を学んだそうで、ドイツ式ビールとなっています。

ほかのクラフトビアメーカーが、いろいろなビール醸造に手を出しているのに対し、ここはピルス、デュンケル、ヴェイツェンの3種類のみをずーっと作っているそうです。

ふじやまビールの特徴その3 富士山の天然伏流水を使用

富士山麓のクラフトビール醸造所ですから、水は富士山の天然伏流水を使用しているそうです。天然水のおいしさを十分にいかしたビールとなっているそうです。

今回買った「ふじやまビール」

今回はピルス、ヴェイツェン2種類の1リットル缶を買ってきました。

なんか、通常よりも大きなサイズのものを買うって、大人買いをしているようでちょっと楽しい。

 

ふじやまビール「ピルス」

まずはピルスを飲んでみました。

ドイツの職人から教わった製法そのままつくっているというピルスナー。日本の大手メーカーのビールもピルスナータイプは多いわけですが、そういった製品に比べると飲み口が重厚。

日本人にも飲みやすいですが、麦芽の味わいが濃厚。苦味はマイルド、

ほんのりと酸味のようなものも感じられ味わいに奥行きがあるような気がしました。

 

ふじやまビール「ヴァイツェン」

続きましてヴァイツェン。

小麦麦芽を使用するヴァイツェンですが、ドイツ風エールスタイル。

白濁というほどではないですが、ちょっと濁ってます。

バナナなようなフルーティな風味。蜂蜜っぽい甘さもあるかな。飲み応えもありますが清涼感もあります。

 

というわけでも、缶ビールでも堪能できました。次は現地で飲みたいものです。