2017/08/09

チケットキャンプでブリトニースピアーズのチケットを売買してみました。その明細など。

15年ぶりの来日のブリトニー・スピアーズ

ブリトニースピアーズが超久しぶりに来日!

私はリトモスがきっかけでブリトニーが好きになって7年間くらい。

ブリトニー・スピアーズのライブを見てみたいと思ってたもののずーっと来日せず。

でもブリトニーがラスベガスで常設公演をやってる、ということは知ってて、ラスベガスに行きたいなーって思ってました。

そんなこと思ってたら、15年ぶりに来日してコンサートをするとか。

これは行かないと!と思ってイープラスで申し込みしたら、見事に6/4の定価24,000円のプレミアム指定席当選。

24,000円もするけど、ラスベガスまで行くことを考えれば超安い!

ということで、喜んでチケット代金を支払い、購入したものの、よくよく考えたら6/4は用事があって間に合わない。

その用事を止めることも考えたけど、そっちの用事も捨てがたい。

ならば、6/4のチケットを売って、6/3のチケットを購入するという方法はどうだろうか?と思い実行してみました。

チケットキャンプをはじめて利用してみました

チケットの個人売買といえば、ヤフオクは使ったことがありますが、チケットキャンプというものもある。

ヤフオクでの出品はヤフープレミアム会員になる必要があるけれど、あいにく会員を止めてしまったばっかりだったので、今回はチケットキャンプを使ってみました。チケットキャンプは会員費はないので、取引が成立するまではお金はかかりません。

 

チケットキャンプで売買両方してみた結果の明細

6/3のチケットをチケキャンで購入し、6/4のチケットを同じくチケキャンで買いました。

今回のブリトニーのチケットは不人気で、売買とも定価を大幅に下回るか価格での取引となりました。

もうブリトニーって日本では過去の人なのかな。。。まだプレイガイドでもチケット売れ残ってるようで、抽選に当たったからといってあわてて買う必要もなかったのです。

買ったチケットの明細

で、6/3のチケットは定価1枚24000円のところを13000円で買いました。

が、送料は別なので送料510円、さらに決済手数料が540円かかったので、合計14050円でした。

売ったチケットの明細

自分が売った6/4のチケットが15000円で売りの取引成立。でも送料込みで出品したので送料のレターパックプラス代が510円、さらに手数料が8.64%かかるので1296円。なので15,000-510-1,296=13,194円。さらに自分の口座へ代金を振り込んでもらう手数料が380円かかるので13,194-380=12,814円が振り込まれるはず。(振込手数料は数件分まとめて請求する場合も同じ金額なのだけど、商売でチケット売買している人じゃなければまとめて請求ってわけにもいかないでしょう)。

なので、取引は「高く売れて」「安く買いなおし」できたのですが、手数料込みで計算すると1200円ほどの赤字。

 

チケットキャンプ手数料のまとめ

会員登録料・更新費

購入者・出品者とも無料。

取引成立時の手数料

出品者は8.64%(税込)※8,000円以下の場合は690円

購入者は手数料は無料だけど、決済システム料という名目で、

  • チケット代金が10,000円以下の場合…324円 (税込)
  • チケット代金が10,001円〜20,000円の場合…540円 (税込)
  • チケット代金が20,001円以上の場合…3.24% (税込)

が、かかります。結局名目が違ってるだけで、落札者からも手数料とってるじゃねーか、って感じ。

出品者の売上代金振込み手数料

さらに、出品者は売り上げ代金を振り込んでもらうときに380円がかかります。

この380円は複数取引分まとめて振り込んでもらってもOKなので、たくさん取引しているダフ屋のような人たちにとってはお得だろうけど、頻繁に取引するわけじゃない一般人には痛い金額。

結局チケキャンは商売人優遇なのかって感じもします。

チケットキャンプでキャンセルはできる?

チケットキャンプで落札してしまった場合は、キャンセル不可。必ず代金を支払わないといけません。

出品者側の場合で取引成立後のキャンセルには通常10%(税込・8,000円以下の場合は一律800円)、「即落対応」にしておいた場合はチケット売価と同額のキャンセル料がかかりますが、キャンセル自体は可能。取引成立前の場合は手数料はかからず。

ただし、取引中に公演中止が決まった場合は、キャンセル料は免除になる模様。

 

チケキャンってトラブルはないの?

チケキャンは落札者が代金を支払った後チケット受取するまでチケットキャンプ運営側で代金を預り、取引完了後出品者に代金が支払う仕組み。

届かないなどのトラブル、偽チケットだった場合はチケットキャンプ側で補償してくれるので、落札者のリスクはほぼ無い。

出品者側にとっても、チケットキャンプ側で代金を預かっている状態でチケットを発送するので、代金が振り込まれないというリスクは無い。(万が一落札者が受取連絡をしなかったとしても、一定期間終了後に自動で取引完了となり代金を引き出せる)

出品者は本人確認資料を提出して承認されれば、個人情報をされさず出品ができる。

なので、チケキャンはトラブルは少なそうなシステムになっているという印象です。

公演が中止になった場合はどうするのか?

チケキャンで出品中に「チケット取引成立後に公演が中止になった場合どうすればいいのか?」という質問を受けました。最近ピットブルが来日・公演中止で払い戻し対応になってたり、ありがちな話。

チケットキャンプ事務局では、取引成立後のことは関せず、払い戻しについては出品者と落札者で相談してください、となってます。

そもそも公演中止の場合の払い戻し方法って、プレイガイドによって違う。チケットを直接購入した人でないと払い戻しできない場合もあれば、他人でも払い戻しできるケースもあるらしい。

今回のように定価から大幅に離れた値段で取引が成立した場合、その差額分はどっちがもらうのかという問題も発生する。

たとえば、今回24000円のチケットを15000円で売ったのですが、今後公演中止になって落札者が直接払い戻しを受けた場合は15000円で買ったチケットなのに24000円の払い戻しを受けるので、落札者が差額の9000円儲かってしまうわけです。(そもそも第三者が払い戻せるのかどうかという点が良くわからないけど)。

逆のパターンもあって、たとえば定価24000円のチケットが50000円で取引成立、だけど公演中止になった場合、落札者が直接払い戻しを受けるとしたら、24000円しか戻ってこないので差額分の26000円が丸損。落札者側としてはちょっと腑に落ちないことでしょう。

Yahoo!知恵袋など検索してみたけど、結局どうすれば正解なのかは、わかりませんでした。

が、たぶん、チケット出品時に「公演中止になった場合はチケットを返却してもらい出品者側で払い戻し、振込手数料を引いた代金を返金」というようなことを記載しておくのがトラブル防止にはいいのかも、って思いました。

 

チケキャンを使ってみての反省点

送料別で出品したほうがよかったかも

チケット検索画面で安い順に並び替えできるのですが、送料込みも送料別も一緒に表示されます。同じ金額でも送料別での出品ならば実質的に送料分510円高い価格ということになるのです。ならば送料別にしておけばその分上のほうに表示されますので、そっちのほうが良かったかもって思ってます。

ヤフオクと同時出品したほうが良かったかも

チケットキャンプは、値段は指定。なのでたとえば15000円で出品したとしたら、その値段で売れるか売れないかということになります。

ヤフオクの場合、入札者の競合によって値段が上がる可能性があるので、15000円で出したチケットがもっと高い値段で売れることもあるわけです。

ならば、両方に出品して様子を見たほうが良かったんじゃないか?というのが反省点。

チケットキャンプは「即落対応」ではなく、手動で取引承認にしておく。

ヤフオクでウォッチリストに入れる人が増えるなど、高めの値段で売れそうな気配がしたらチケキャンは出品取り消しすればいいはず。

ヤフオク出品するにはプレミアム会員費がかかるけど、チケキャンでは出品自体にお金はかからないという点も考慮が必要ですが。

 

以上、初めてチケキャンを使ってみての感想でした。

チケキャンは、会員費もかからず、ほしいチケットがあれば気軽に落札できるし、逆に余ったチケットがあれば出品も簡単。なので、これからもチェックしていってみようと思っております。