2017/08/08

武蔵野うどん藤原@大宮市場で旨辛肉汁うどん

はじめて武蔵野うどん 藤原 大宮市場店へ訪問。「武蔵野うどんの新ジャンル」という旨辛うどんをいただきました。

武蔵野うどん藤原とは

武蔵野うどん藤原さんは、「藤店うどん」で開店当初から7年間店長を務めた、という方が開いたお店。与野に本店があり、大宮市場の方は支店。

大宮市場店は、市場内の国道17号側に食堂がならんでいる建物の中にあります。2軒となりにはキッチンニューほしの

ちなみに、大宮市場の敷地は一般人も自由に立ち入りでき、車も中の駐車場に停められます。

日曜祝日第3月曜日が定休で、営業時間は11:00~14:30頃の昼間だけ。

この基本的に平日の昼間のみという、多くの武蔵野うどんのお店と似たような営業スタイルなので、以前からチェックしていたお店ではあったものの、なかなか訪問できてませんでした。

人気店のようですが、今回訪問した時には(土曜の13時前半ぐらい)行列もなくスムーズに入店できました。

自販機で食券を買ってカウンターに座る。

 

武蔵野うどん藤原のメニュー

 

武蔵野うどん藤原は(辛い系以外のメニューももちろんおいてありますが)、辛いつけ汁にうどんをつけていただく「旨辛肉汁うどん」が一押しメニュー。

旨辛肉汁うどん」並盛は780円。中盛だと+200円の980円。大盛だとさらに+200円で1,180円。

旨辛なす南蛮汁うどん」というメニューもあって、それも値段は同じ。

さらに超激辛メニューもあり、世界一辛い唐辛子「ブートジョロキア」を使った「ジョロキア地獄」が並盛880円。「旨辛肉汁うどん」より100円高い。

ジョロキア地獄」を完食すると、DEATH UDON LICENSEというものがもらえ、次回超超激辛の「DEATH UDON」並盛1080円を注文することができるそうです。

今回訪問時ちょうど「ジョロキア地獄」を完食されたお客さんがいて、DEATH UDON LICENSEのための写真撮ったりされてました。

 

武蔵野うどん藤原の「旨辛肉汁うどん」

私が注文したのは「旨辛肉汁うどん」の並盛り。辛さは「レベル1」という標準的な辛さ。

つけ汁の表面が一味唐辛子とラー油で赤い。

透明感も感じられるうどん。武蔵野うどんというと、武骨な麺という印象がありますが、ここの麺は美人さんな麺で、予想とは違ってました。

うどんを赤い汁につけていただきます。

標準的な辛さ「レベル1」を選んだのに、辛い。辛いもの苦手ではないのだけど、けっこう来るなーって感じ。

でも、食べ進めるうちに慣れてきました。表面に唐辛子・ラー油が浮いているので最初とっても辛く感じたのかも。

肉汁うどんを唐辛子で辛くしましたーって味です。やっぱり。

麺は武蔵野うどんのゴワゴワしたものを期待してたので、そこは外れてしまったのですが、コシがはる滑らかな麺で、この麺で肉汁うどんを食べるというのもなかなか良いと思ったのでした。

 

関連ランキング:うどん | 吉野原駅原市駅今羽駅