2017/08/09

箱根ビール@小田原の鈴廣かまぼこ直営レストラン「えれんなごっそ」

鈴廣かまぼこが醸造販売しているクラフトビール「箱根ビール」を飲みに、その直営レストランまで行ってきました。

「鈴廣かまぼこの里」がすごすぎる!

箱根ビールは小田原の大手かまぼこ屋である鈴廣かまぼこが造っているビールです。

鈴廣かまぼこの本社は小田原市街地から箱根へ向かう途中、箱根登山鉄道の風祭駅前に有ります。

この風祭駅前にある鈴廣かまぼこの里がすごい!

かまぼこ直売するお店があるのは当然として、かまぼこの博物館、レストラン・御食事処もある。それから見学不可だけどビール醸造所もある。

広いのでけっこう暇つぶし的に楽しめる場所です。

 

無料でも楽しめる「鈴廣かまぼこ博物館」


9時過ぎに風祭駅前到着。まだお目当てのお店がオープンしてなかったので、まずは鈴廣かまぼこ博物館へ。

鈴廣かまぼこ博物館の入場は無料。朝9時から夕方17時までオープン。


鈴廣かまぼこ博物館の1階フロア。かまぼこについての展示がある他、体験スペースが有ります。

予約制ですがかまぼこちくわのづくり体験ができるのです(一人1500円)。子供連れの家族がたくさんいました。かまぼこを板に盛り上げて整形するのが難しいのですよね。


1階フロア奥はかまぼこ工場となっており、かまぼこができる様子を見学できました。

2階フロアはかまぼこ板絵美術館となってて、かまぼこ板をつかってアーティストや一般の人がかまぼこ板をつかって作成したアート作品が展示されてました。


3階フロアはこのような、かまぼこの科学的な説明や、かまぼこの栄養などについての展示。3階フロアでも揚げかまぼこの手作り体験が行われてました。

 

箱根ビール工場・醸造所

かまぼこ博物館から道路を挟んで南にあるのが、この建物。ここが箱根ビールの醸造所。でも見学不可のようでした。

 

箱根駅伝の小田原中継所だっ!


箱根ビールの醸造所の東側、再生した古民家に飲食店が4軒入っている千世倭樓 (ちょうわろう)という施設です。

ここは箱根駅伝の小田原中継所なのですよね。

正月にテレビで見て気になっていた風景を確かめることができて、感無量です。


 

鈴なり市場


鈴廣かまぼこの里で一番大きな建物鈴なり市場。かまぼこだけじゃなく、干物、スイーツなど売られてます。

鈴廣かまぼこの里でビールが飲める場所

鈴廣かまぼこでは、箱根ビールを敷地内で醸造しているので、出来たてのビールを飲むことができます。

  • 直営のビアレストラン「えれんなごっそ」
  • 鈴なり市場内の「かまぼこバー」、あげかま屋の「すず天」
  • 千世倭樓内の、会席「大清水」、旬の割烹「潮の音」、そば「美蔵」、茶房「しゃざ」
  • えれんなごっそ併設の「箱根ビールSHOP」

 

箱根ビールショップ


通り沿い一番小田原寄りにあるのが箱根ビールSHOP


10:00からのオープンで、瓶詰めの箱根ビールをお土産に買えるほか、お店の中で飲むこともできます。

ビールを瓶に詰める作業もここでやってるみたいです。

 

箱根ビールのレストラン「えれんなごっそ」


ようやくお目当てのお店、箱根ビールのレストラン「えれんなごっそに到着。箱根ビールSHOPの南側に有ります。

土日祝はブランチからオープン


えれんなごっそは平日11:00~14:45/15:00~17:00の営業時間ですが、土日祝は9:30~17:00でブランチタイムから営業しています。その時間に入店。

基本は80分の食べ放題のお店です。

土日祝のブランチタイムは1500円(税別・子供は半額・以下同じ)。ランチタイムは2,200円

平日のランチタイムは1,900円。15時からのスウィーツ&軽食タイムは1,300円。

ちなみにブランチタイムの入店は10:30まで。10:30までに入店しておけば、ランチタイムにまたいで80分間居ても大丈夫とのことでした(つまりブランチの料金でランチメニューも楽しめるのでお得)

箱根ビール3種を飲み比べ


ビールは別注文・別料金。なので、席に案内されてすぐビールだけ注文。

箱根ビール3種お試しセット(各150ml)が650円(税別・以下同じ)とお値打ちなので、それにしました。

写真左から箱根ピルス、小田原エール、季節のビール(春めきペールエール)。

ちなみにグラスビール(300ml)は450円、ジョッキ(500ml)で650円、ピッチャー(1.6l)は2000円。

1,780円で3種のビール飲み放題も有りました。ビールだけじゃなく、日本酒・ワイン・梅酒も飲み放題にすると2,300円。

ビール、どれも新鮮でクオリティ高い。

箱根ピルスは、王道もピルスナー、プレミアムな味わい。

小田原エール、ほのかな甘さと香ばしい香り。

春めきペールエール、春らしい爽やかなホップの風味と、フルーティな香り。

ブランチタイムのメニュー

ブランチタイムのメニューを一通りたべました。

一皿目。かまぼこ屋のレストランなので、かまぼこメニュー多い。地元の干物、桜えび入りのスクランブルエッグ、ワラサの南蛮漬けなど、地元の魚介つかった料理も多い。

おかわりして2皿目。かまぼこ系すきなので全部制覇しようとして、皿の上が練り物づくし。かまぼこにオリーブオイルをかけて食べるのが、初めての経験でしたが、意外においしい。

その他、地元の野菜のサラダバーや、小田原のわかめを使ったわかめスープ、カレーなどいただきました。

 

当日の限定メニュー「フレンチトースト」。卵液が染み込みまくったパンをキッチンスペースでじっくり焼いて、焼き立てを出してくれてました。

それにホイップクリームやジャム、チョコなどをトッピングして食べる。とっても柔らかでおいしかったので、2回もおかわりしてしまった。。

 

その他デザートも色々。

 

限定ビール、小田原産いちごを使った「チョコっといちご」

最後の〆に、小田原産いちご”紅ほっぺ”をつかった限定ビール「チョコっといちご」。200mlで450円。

チョコレート風味のするスタウトビールででほのかにいちごの香りがする。絶妙な味わいでデザート代わりにもなりそうな、面白いビールでした。私は大好き。

 

料理もおいしいし、何よりできたて新鮮なクラフトビールが飲める、ということで、このお店かなりいいと思います。また箱根・小田原に来るときは立ち寄りたい。