2017/08/08

青春18きっぷで日光の男体山を登ってきました。

前回の谷川岳からほぼ一年ぶりの登山。青春18きっぷで日光へ向かい、男体山へ登ってみました。

男体山とは

日光の男体山は中禅寺湖の北側にある高さ2486mの円錐形の火山で、日本百名山の一つ。山頂には二荒山神社の奥宮があります。

男体山登山ルート

二荒山神社中宮祠の本殿の横に登山口入り口があり、そこから登り往復してくるコースが一般的で、標準タイムは登り3時間半、下り2時間50分ほど。他に戦場ヶ原方面への登山道もあるようです。

0001_20160730

青春18きっぷでの男体山へのアクセス

埼玉・東京からJRで日光駅まで2~3時間ほど。日光駅から東武バスの湯元温泉行きバスで1時間ほどの二荒山神社前バス停下車。日光駅発の東武バスには「大猷院・二荒山神社前」バス停というのも紛らわしいバス停もあるので注意。二荒山神社前バス停までは片道1150円ですが東武バスの中禅寺温泉フリーパスを買えば(JR日光駅のみどりの窓口でも買える)2000円で往復可能、しかも2日間有効で乗り降り自由なので、とってもお得。

自宅→日光→中禅寺湖へ

自宅最寄り駅から始発電車に乗り、JR宇都宮線、日光線と乗り継いでJR日光駅着。8時25分着の予定が日光線内でのトラブルかなにかで数分遅れる。8時37分のバスに乗るつもりだったのでハラハラしましたが、駅の改札を出たところでちょうどバスが来て乗れました。だけど中禅寺温泉フリーパスを買う時間がなかったのでsuicaで乗車です。往復で300円の損。

湯元温泉行きのバスなのですが、JR日光駅を発車した時点で満席。次に東武日光駅に寄ったのですが、行列ができておりその半分ぐらいのお客さんは乗れず。このバスを使うのであれば東武線で日光に来た場合でも、JR日光駅まで歩いて行って乗車するほうが良さそうです。

0002_20160730
日光名物いろは坂を登って中禅寺湖畔へ。男体山が見えましたが、山頂は靄がかっていて見えず。

二荒山神社中宮祠へ到着

0003_20160730
日光駅から小一時間。二荒山神社前バス停下車。ここから二荒山神社中宮祠の境内へ。本宮と奥宮の中間にある祠だから中宮祠とのこと。

0005_20160730
男体山登拝大祭というお祭り(真夜中の登拝などが行われるらしい)の前日だったので、お祭りの準備がされていました。

0009_20160730
まずは本殿へお詣り。金剛杖なども売ってます。

0007_20160730
本殿横の社務所で登拝受付。男体山は二荒山神社の敷地であり、ここで入山料として500円を支払います。登拝および交通安全を兼ねるお守りがもらえます。

0008_20160730
「男体山登拝の定め」。ゴールデンウィークの5月5日から10月25日まで登山可能。基本的には午後からの入山は不可。

0012_20160730
二荒山神社は縁結びにご利益があるということでこんなハートの絵馬がかかってました。

二荒山神社中宮祠から男体山登山スタート

0015_20160730

こちら本殿横の登山口入り口。9時50分に登山スタート。

0016_20160730
鳥居をくぐって、まず「戦場ヶ原の伝説」が由来の金色の大蛇「きんぴん大蛇」をお詣りしてから登拝スタート。金運の守護神だそうです。ご利益があるといいな。

1合目

0017_20160730
歩いて数分でまず一合目到着。この横に遥拝所があるので、そこから奥宮に祈ることもできます。ここまでであれば入山料の支払いは不要のようです。

0018_20160730
しばらくはこのような木々の中を進みます。

0019_20160730
大きな倒木がありました。徐々に傾斜がついて行きます。まだ序盤ですが、心拍数はMAXに近い。

3合目

0020_20160730
スタートから15分強で3合目到着。ここからは工事用舗装路を登ります。

0021_20160730
舗装路は傾斜が緩やかなのでのんびり進めます。

0022_20160730
舗装路途中で中禅寺湖が見えるスポットへ。晴れているのですが靄っているのが気になります。

4合目

0023_20160730
スタートから35分ほどで4合目の登山道入り口へ到着。社務所で受付したときに、ここを間違って「舗装路を直進しないように注意」、と言われていたのですが、大きな看板があるので迷うことは無い。

0026_20160730
このような路面を登っていきますが…

0027_20160730
次第に傾斜が急に、さらに岩も増えていきます。

6合目

0028_20160730
スタートから50分で6合目通過。

0029_20160730
ロープを使う場所も増えていきます。

0030_20160730
長い岩場。

一休みしてポケモンGET!

0031_20160730
登ってきた岩場を振り返る。

0032_20160730
8合目の下あたり。鳥居をくぐる。

8合目 瀧尾神社

0049_20160730
スタートから1時間20分、8合目の瀧尾神社到着。

0050_20160730
このちっちゃいのが神社なのかな?

9合目

0048_20160730
スタートから1時間35分で9合目到着。

0034_20160730

この辺りからはガレ場も終わり、土嚢が積まれた道を進みます。

0036_20160730
いよいよ頂上が近づいて来ました。木々がなくなり、赤色の土・岩の上を進む。

0037_20160730
振り返れば中禅寺湖!

日光男体山 山頂へ

0039_20160730
スタートから1時間45分で、ほぼ山頂に到着。それにしても日本三大急登といわれる谷川岳の西黒尾根ほどではないですがかなり急で体力勝負なコースでした。私、登山経験は少ないですが、マラソンなどを走っており健脚の部類といいかと思います。

0040_20160730
この鳥居をくぐって二荒山神社奥宮へ参拝。

0041_20160730
奥宮の近くには二荒山大神像がありました。

0042_20160730
奥宮より右に進んだところに本当の山頂があります。

0043_20160730
このようなモニュメントの脇を登って山頂へ。

0044_20160730
これが山頂の三角点です。

0045_20160730
山頂にあるシンボル「鉄の剣」。奥宮側から見ると白い刃なのですが、裏から見るときちんと鉄のように光ってました。「鉄の剣」はもともと明治時代に奉納されたらしいのですが、2012年に折れてしまい、これは新しく設置された二代目だそうです。ちなみにここポケモンGOのポケストップになってました。休憩した時にだけしかチェックしなかったのですが、登山中にポケモン2匹GET。ポケストップも要所要所にあったようです。

 

0047_20160730
靄がかっており頂上からはほとんど風景を眺めることはできませんでした。回復しそうもないのでちょっと休んだだけで下山することに。奥宮では男体山登拝大祭の準備の飾り付けが始まってました。

急な登山道なので、降りるのも大変。転ばないように慎重に歩いたところ、1時間30分ほどかかってしまいました。登りのタイムと大差ない。

0051_20160730
登山口の鳥居をくぐる。

男体山頂 日光二荒山神社奥宮の御朱印

0052_20160730
登拝記念で奥宮の御朱印を。

男体山は登りがいのあるいい山でした。体力は使いますが、パワースポットですから。心は癒やされた感じ。